ケイシー健康法・ケイシー療法でリウマチが寛解するまで①

私は3年前に関節リウマチと診断され、全身7か所×2(左右両方)=14か所以上に痛みを抱えていました。

部位を詳しく言うと、足首・膝・手首・前腕・上腕・手と脚の指全ての関節に痛みがあり、日によっては肩など、もっと増えることもありました。

特に手の指・腕といった上半身の症状がひどく、関節が腫れ上がり、指の関節が腫れ上がっているせいでシワがなくなってしまうほど。右を庇ったら左腕が一回り腫れ、右を使ったら右腕が一回り太くなるほど腫れ…の繰り返し。

湿布は効かず、あまりの痛みにアイスノンで冷やしながら手を使うようになりました。医師によると冷やして楽になるのは神経が麻痺するからで根本的な解決にはならず、筋肉が冷えて後で悪化するため止められました。神経ブロック注射を打っても全く効かなかったので、あまりの痛さに時々冷やしちゃってましたね。

ステロイド注射を手の指の関節に打つという荒技を何十回もやってもらいましたが、2〜3日軽減するだけですぐ元通り。人によっては起き上がれなくなるそうですが、私は指や手の痛みで自分の名前すら書けなくなりました。

痛みでペットボトルの蓋が開けられない、鍵を回せない、ドアノブが回せない、シャワーヘッドが持てない、髪の毛を洗えない、ドライヤーが持てない、着替えに時間がかかる。次々生活に支障が出ました。

ステロイド内服薬、古典的製剤リウマトレックス、免疫抑制剤、生物学的製剤、、、内服薬はどんどん強くなり、量は増える一方でした。生物学的製剤は、注射薬もありますが針を刺す痛みがあり避けたかったので、管理しやすい新しい内服薬を使いました。しかし全く改善せず。

何かいい方法はないかとネットで検索する中で、思い出しました。

6〜7年前に、テンプルビューティフルさんというお店で【ひまし油湿布】なる健康法を見かけ、器具を買っていたことを思い出し、「リウマチは体の冷えを治すと改善する」というネットの情報にも後押しされてやってみました。

つづきます

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です